image


今回は5−4ゲージ残し潜水艦戦果稼ぎ周回について考察します


注意:多くの提督が5−4を突破している中での20%ゲージ残しを前提とした記事です。そのことを踏まえた上でご覧ください。


最初に20%ゲージを残すことの意味を説明しておきます
5−4では20%までゲージを削ることでボスの編成が最終形態の編成に切り替わります
最終形態の編成では、対潜能力を持った艦が敵編成に居ません

image


よってボス相手に確実にB勝利を取ることが出来るのです
B勝利では獲得できる提督経験値が少ないだろうと思いがちですがボスB勝利の提督経験値計算式 が【ボス提督経験値S-道中提督経験値Sx0.8】であるためS勝利の場合と手に入る提督経験値は殆ど変わりません(ボスS勝利の場合の提督経験値: 2880 B勝利の場合の提督経験値:2728)
また、最終形態だとボスに対潜能力を持った艦がいないことによりボス手前のマスから大破進撃をしても良い為撤退率が非常に低くなっています
潜水艦隊での中央ルートの大破率はボス前のマスが最も高いのでこの点は非常に重要になります
image

(↑このマスです。敵編成の中に戦艦がいるので極めて大破率が高くなっています)




周回用オススメ編成は

image


改造済み潜水艦【潜水艦53cm艦首魚雷(8門)
×2】
改造済み潜水艦【61cm五連装(酸素)魚雷 53cm艦首(酸素)魚雷】
潜水艦【61cm四連装(酸素)魚雷】
潜水艦【61cm四連装(酸素)魚雷】
(潜水艦【61cm四連装(酸素)魚雷】)
(潜水艦【61cm四連装(酸素)魚雷】)

この4~6隻編成で潜水艦はローテーションになります

それでは編成構成理由を説明していきます





続きを読む