image


今回は正規空母・軽空母の疲労無視3−2−1レベリングを紹介します

今回の基本要素は
・選択する陣形は複縦陣
・旗艦以外は疲労無視(潜水艦は大破したら入渠)
・随伴の軽空母は中破(砲撃戦に参加させない為)
・夏イベント報酬である熟練艦載機整備員の使用

となります

image

(やはり今回も赤疲労)


まず今回の編成・装備から紹介します

今回の編成は

空母【流星改 天山友永隊 熟練艦載機整備員 彗星江草隊】
航空戦艦【35.6cm試製 15.5cm副砲 32号電探 瑞雲】
軽巡【20.3cm3号 15.5cm副砲 零観】
航巡【瑞雲 15.5cm副砲 瑞雲 20.3cm3号】
軽空母【彗星一二型甲×2 二式艦上偵察機 彩雲】
潜水艦【四連装酸素魚雷】

となります



それでは装備の理由の説明をしていきます
【空母】
image

3スロットに攻撃機を載せることで開幕の掃討率を高め、熟練艦載機整備員により砲撃戦で先手を取りMVP率を高めます(航空戦艦に先手を取られる場合もあり)

【航空戦艦】
image

弾着観測射撃によるカットインを狙いにいく装備です。弾着カットインは赤疲労でも非常に命中率が高いのでローテ無しで回すことを可能にします。35.6cm試製を採用している理由は、砲のフィットによる命中補正を狙っている為です。前回の軽巡のレベリングでは下位の砲を使用していたにも関わらず今回は上位の砲を使用している理由は、空母は開幕で戦艦のダメージ期待値以上のダメージを与えられる為そもそもMVPを取られる心配が殆どないためです。

【軽巡】
image

前回と同じくここの枠は3スロットでも問題ありません。低燃費かつ弾着カットインを狙うことができる艦という理由での採用です。

【航巡】
image

殆どこちらも軽巡と役割は同じですが、軽巡の役割に加えて水上爆撃機により開幕で落とせる敵艦を増やす役割もあります。

【軽空母】
image


開幕爆撃により敵艦を落とす役割と、彩雲によりT字不利を無くす役割と、二式艦上偵察機により触接を発動させることで開幕爆撃の殲滅率をあげる役割があります。
現在通常に入手可能な艦爆の中で最も爆装の高い彗星一二型甲を載せることで開幕爆撃で落とせる敵艦を多くすることができます。しかし、彗星一二型甲を2スロット分積むことにより軽空母の火力が非常に高くなってしまい、引いた乱数によっては旗艦のMVPを奪いかねないので中破にすることでそもそも砲撃戦に参加できないようにすることで問題を解消しました。



今回紹介した編成で雲龍のレベルを38→50まで上げました。(回数にすると50回程度)

その中で
旗艦MVP率100%
S勝利率100%
雷撃戦に持ち込まれた回数0回

と中々の好成績を見せてくれました
さらに回数を重ねれば事故もあるかもしれませんが、非常に事故率の低い編成となっています。
まだ改良の余地はあるとは思いますので、良くなり次第また更新していきます。

それではまた次の記事にて