image


始めての記事では夏イベ最終海域であるE6【本土近海邀撃戦】の攻略について書いて行こうと思います

既に記事を書いて居られる人が多く居る中でこれから記事を書くということで少し息苦しいところもありますが、攻略のまた1つの形として見ていただければ幸いです。







本海域では
AL作戦・MI作戦に参加していない艦のみが参加可能となり戦力の温存が攻略の鍵になります
本海域を攻略するつもりならばそれを見越した上で AL作戦/MI作戦 を攻略していくことになります
(管理人はE−6時点で使える正規空母が居なかったのでイベント中に出てきた加賀さん二隻目を即座にレベリングして使用しました)



敵の配置等はwikiや他のサイトを参考にしてください(投げやり)

本海域で有効な艦について1つづつ説明していきます

【雷巡】:言わずとも知れたダイソンスナイパーです。木曾は夜戦火力が北上、大井に大幅に負けるのであまりオススメはできません
しかし対空値が高いので空母姫のマスを超えるのには有効と言う点もあるので一概には劣っているとは言えません
夜戦の魚雷カットインは強いですが発動確率はあまり高いとは言えません
トドメの時に使うものと割り切り削りでは連撃装備にすることをオススメします

【重巡・航巡】:それなりに高い装甲と弾着観測射撃による昼戦火力と圧倒的な夜戦火力が売りの艦です。重巡・航巡は改造すると4スロットあるので基本的な 主主偵 に+してもう一つ装備を積むことができます。電探を使って索敵値を稼ぐもよし、探照灯等の夜戦装備を積むもよしです。妙高改二等運が高い艦には夜戦カットインも有効です。削りに主に使って行くことになると思います。また潜水艦マスのルート固定に使えるので本海域では重要になってくると思います。(管理人は重巡・航巡がE6時点で残っていませんでした)

【軽巡】:対潜が行える以外は重巡と役割は同じになります。大淀・夕張以外は装備スロットが3つしかないので基本的には重巡の劣化となります。しかし修理費用は安く、また川内型(特に神通)は重巡に匹敵する夜戦火力を持つので此方を選択するのもありです。

【戦艦】:圧倒的な昼戦火力、高い装甲・耐久が売りの艦です。特に大和型は夜戦火力も高くダイソンにも有効なダメージを与えることができ、装甲が極めて高いので道中の突破率を大幅に上げることができ極めて有効です。デメリットとして3マス目の空母棲姫マスで敵の砲撃フェイズに2巡目を与えてしまう点があります。巡洋艦に比べて燃費も悪く、修理費用も多いので考えて使っていきたいところです。

【正規空母】
空母系3隻で潜水艦マスにルート固定できるので有効です。制空権の確保は半ば必須なので制空値を計算し、しっかりと艦戦を積んで行きましょう。夜戦に参加できないのでトドメのダメ押しには使いにくいかもしれません。削り向きの艦です。

【軽空母】
2隻で潜水艦マス、そして北ルートに固定出来るのでルート固定の面での安定性はピカイチです。ただ装甲が脆く大破し易いのでルート固定の為の艦と考えダメコンを積むのが有効です。キラ付けをしっかりと行えばダメコン無しでもボス到達は可能です。

【駆逐艦】
もはや玄人の領域です。運の高い艦は魚雷を2積んでカットイン仕様にしてもいいかもしれません。夜戦火力・回避が極めて高く修理費用も安く済むので探照灯を持たせ、旗艦に置き、夜戦マップを切り抜けれるようにしていきましょう。

【潜水艦(潜水空母)】
1マス目のヌ級、夜戦ルートでの後期型のダメージを吸ってもらうのが主な仕事になります。キラ付けなしだとすぐに大破してしまい撤退要員になりがちなのでしっかりとキラ付けをして行きましょう。装備は、撤退を回避したいなら ダメコン+偵察機orダメコンor缶、道中の敵及びボスに有効なダメージを与えたい場合は魚雷2積みが有効です。
損傷しやすい艦ですのでボスでの火力艦が1隻分減っているような状態になるので削り向けの艦です。




それぞれ役割を持って戦うことができるので嫁艦で攻略していくもよしです。自分に合ったプレイスタイルで攻略して行きたいところですね。

管理人は削りもトドメもこの編成で行いました。(残った戦力の少なさが伺えますね)

image


北上【甲標的 五連装酸素魚雷×2】
比叡【46cm×2 夜偵 徹甲弾】
伊58【潜水艦看守魚雷×2】
蒼龍【彩雲 烈風 流星改 ダメコン】
加賀【彩雲 彗星江草隊 烈風改 ダメコン】
千代田【天山友永隊 彩雲×2 ダメコン】


人気ブログランキングへ